ひでログ。

CRF1000LとXLR250Rの思い出。アフリカツインで林道デビューしたオフ初心者です。ツーリングレポートやバイク用品の話題やインプレを中心に更新します。

アフリカツインにトップケースをつけようとしてる話。

愛知8

先日タナックスのシートバッグを買ったばかりなんですが、はやくもトップケースが欲しい秀吉です。


ツイッターでアフリカツインオーナーの方を見ているとやはりフルパニアの方が多くて羨ましい。
色々装備そろえてきたばかりです。
さすがにもうフルパニアにするほどの余力は残ってません(-_-;)笑



まずはトップケースからデビューしてみたい。



僕はスタイリングを損ないたくないという意地だけでトップケースを敬遠してきました。
ハーレーに乗っている時から、サイドバッグもつけずに全部リュックにカメラとか三脚を入れて移動してました。


だってそっちの方が見た目がスッキリしてかっこいいから。
ハーレーなんて見栄張ってナンボのバイクです。


アフリカツインに乗り換えてからも、なんとなくそのノリで敬遠してきました。
スタイルが崩れるから嫌だと・・。



しかし、もうそんなこと言ってるのがアホらしくなってきた。




なんのためにアフリカツインに乗り換えたんだ。
快適な旅のためじゃないのか。
(オンロードで快適に旅するだけなら他にも選択肢あるってツッコミはなしで・・・)



DSC_0067.jpg 




トップケースが欲しいのは積載量の問題じゃなくて防犯上の理由から。
今まで全部リュックに入れて背負ってたから、バイク離れる時は当然持ち歩いてたわけです。






あと、シートバッグの中身の盗難対策。
こっちは精神衛生上の問題。
中に何が入っているかも分からないのに、わざわざ停まってるバイクのシートバッグをあけて
中身を持ち逃げしようとするやつなんて、ここ日本ではまずいないでしょう。

中にカメラが入ってるって分かってればともかく、分からないのにやるにはリスクが多すぎる。

そんな盗難被害に比べたら、むしろバイクごと盗まれる不安の方が大きい。
ハーレーをSAに停めて、飯食って戻ったらバイクごと盗まれてた(実話)なんて話もあるしね。




ただ、かと言ってほったらかしにしとくのも、落ち着かない。





シートバッグ自体は外すのは大変じゃない。
バックルを4つ外すだけで済む。
持ち手もあるし、肩掛けのヒモもある。
だから、長時間離れる時は実際外して持ち歩いてます。


しかし、当たり前なんだけど邪魔。


シートバッグに加えてヘルメットまで持っていると、もう手がふさがって何も出来ない(笑)





ってわけで、こうなるともうトップケースをつけるしかないって結論になってくる。
トップケースをつけてもシートバッグがゴミになるわけじゃないし。併用します。

交換レンズとか、現在の積載容量の問題で我慢しているものはあるので・・。
キャンプ行くわけでもないのにトップケースにシートバッグまでつける大荷物。完全にアホです。



でも基本的に、僕はバイクから長時間目を離すって行為自体がもう不安なんですよ。


バイクが盗まれないか。
イタズラされないか。
突風で倒れないか。
カメラだけシートバッグ持ち出して徒歩で移動してるからシートバッグが空っぽでも、バッグが盗まれるんじゃないかと不安になる。


周りに停まってるバイクとかを見てると、割と平気で数万するヘルメットを放置してたりするけど、あれもちょっとなあ・・怖い。



カメラやヘルメットを、鍵をかけたトップケースにいれた所で、この不安は解消されるんだろうか。




まあとりあえず、載せるトップケースは選択肢が多いのでGIVIに決定です。
アフリカツインのキャリアにつけるためのステーはすでに購入しました。



あとは箱で悩むのみ。


んじゃ、また。
広告を非表示にする