読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひでログ。

新型アフリカツインとの思い出がメインのブログです。その他バイクやカメラ用品の話題やインプレなど。

バイク乗りにオススメしたいレックマウント製のGoProのリストマウントについて

こんにちは。秀吉です。


先日のはてなブロガーツーリングの時にGoProのリストマウントをして行って色々と撮影してたんですが、
割と珍しかったのか、結構いろんな方から反応があったのでリストマウントについて紹介したいと思います。

 

メインの使い方としてはこういう感じで、リストバンドをして、そこにGoProを固定することになります。

f:id:hideyoshi-motolife:20170418225711j:plain

 

バイクでGoProを使うときは割と定番のマウントかと思っていたんですが、そうでもないのかな。

※この記事は基本的にバイク乗りに向けて書いてます。

 

リストマウントの良い点

1.手持ちと同じ感覚で使えるので、撮れる映像や写真の自由度が高い

f:id:hideyoshi-motolife:20170418224654p:plain

タッケさん(id:bike-camera

こんな感じで並走しながら撮るのが一番ベストな使い方な気がする。

 

この自由度が高いって言うのが最強のメリットだと思います。

腕というのはかなり稼動範囲が広いです。

バイクの運転中に腰から上しか動かせなくても、片腕でも腰をひねったり肘を曲げたりすれば270度くらいはカバーできますからね。


これにGoProの画角が加わればだいたい全方向が撮れます。

 

f:id:hideyoshi-motolife:20170418225131p:plain

カルケンさん(id:karuken15)

なので、こんな感じで後ろ方向も撮れます。

これはタンデムの人間がカメラ向けてるわけじゃなく、僕が斜め後ろに腕突き出して撮ってます。


ヘルメットも頭を振ればある程度アングルを変えられますが、さすがに後ろや真横を向き続けるのは危険なのでね・・。
その点片手さえフリーならがっつりアングルを変えられるのはリストマウントの強みだと思います。

 

2.カメラを固定するときに自分側に向けておけば、走行中に自撮り出来る。

ちょっとアフリカツインではまだ自分に向けるのは試してないので、昔ハーレーに乗ってた頃の過去の写真ですが・・こんな感じ。

 ※HIDEYOSHI_DYNAってのは昔のインスタのIDです笑

 

さすがにバイク全体は写らないけど、至近距離から追い撮りしてるような迫力があるものが撮れます。写真にしろ動画にしろ適当に腕突き出しておけば結構かっこいいのが撮れるので、たまに自分に向けておくのもオススメ。

 

もう一枚。こっちの方が景色がよく写ってます。手首に対してどれくらい角度をつけてGoProを固定しておくか、どれくらいの角度で腕を突き出すかで写り方が変わってくるので、ベストな位置を覚えておくと捗ります。

 

自分に向けたとき。

f:id:hideyoshi-motolife:20170418225647j:plain

ちなみにGoProにはセルフタイマーがあるわけじゃないので、タイムライプスをかなり遅めに設定したりしてセルフタイマー代わりに使います。

こういうとき正面のミニ液晶が役に立つ。

 

リストマウントの気になる点

1.片手で運転することが出来るときしか使えない。

腕でカメラ自体を振ることになるので、片手が自由なときしか使えません。
トルクのある大型バイクならある程度同じギアで踏ん張ってくれるけど、そういう問題じゃなくて片手を離し続ける行為自体があんまり安全じゃないからです。

GoProばっか見てて前方不注意とか危険だしね。余裕があるときしか使えないってのはデメリットかな。


2.真夏は汗かいて蒸れて気持ち悪い。
まあこれは・・仕方ないですね笑


気になる点はそれくらい。

 

REC-MOUNTS(レックマウント)製をオススメする理由

リストマウント自体は色々あるんですが、僕がオススメするのはレックマウント製です。
以前買った2000円のマウントセットに入っていたリストマウントはとてもじゃないけど使い物になりませんでした。

いいものはあったんですけどね!チェストマウントとか。リストマウントに関しては大外れ。

 


・・で、レックマウントの何がいいかというと。

 

マウントのロックの方法が使いやすい。

f:id:hideyoshi-motolife:20170418230423j:plain

この歯車みたいなのを回すとロックが緩むわけですが、360度どの向きでもGoProを固定出来るのはもちろん、角度を決めるときにも微妙な調整がしやすいし、あとは土台がしっかりしてて安定感があります。

 

レックマウントのベルトはかなりしっかりしてるし、太さもあるのでしっかり締めても手首圧迫するようなこともないです。ちゃんと手首にあたる部分にはクッションもあるし。

f:id:hideyoshi-motolife:20170418231543j:plain

 

マジックテープも接着面積が広く、外れる心配はない。

代わりにサードパーティー製のマウントとしては少々高いかも知れないです。

僕がAmazonで買ったときは3000円くらいしました。

僕はそのくらいの値段の価値はあると思うので、デメリットとしては取り上げませんでしたが、値段だけ見るとちょっと高く感じるかな。

 

まとめ。使い分けるのがいい

「撮影中は片手が塞がる」という明確なデメリットはありますが、それを差し引いてもかなり便利なマウントのひとつだと思います。


使わなければ片手にリストバンドだけはめておけば邪魔にもならないし、使い分けるとかっこいい映像がたくさん撮れると思います。

 

Amazonだけじゃなくて、楽天にもあります。Amazonに比べると少し高いか。

f:id:hideyoshi-motolife:20170418232306p:plain

 

 

 

ひとつ5000円台のやつがありますよね。

タイプ2になると急に高くなるんですが、正直商品説明にも何が違うか書いてなくて、いまいちよく分からないです。

リストマウント自体は同じものにしか見えないです。

多分タイプ2には延長ベルトとかの付属品が色々ついてるだけじゃないかな。

 

良かったら試してみてください。

 

んじゃ、また。